【割引購入】クレカでGoogle Playギフトカードを買う方法を徹底解説

GooglePlayカードはコンビニなどの小売店でよく売られてますが、クレジットカードで購入したいと思ったことはありませんか?今回はその方法とエラーが出た場合の対処法をご紹介していきます。

コンビニでそのままクレジットカードで購入しようとすると断られてしまいます。しかし、諦めるなかれ、お教えする方法を使えば実質的にクレジットカードで購入したのと同じ結果を得られます。

GooglePlayをクレジットカードを購入する方法としては大きく分けて2つあります。

  • コンビニで購入
  • オンラインで購入

この2つの方法をそれぞれ探って行きましょう。

コンビニで購入できるのは実物のカードがあるGooglePlayカードです。Android機のアプリ購入やコンテンツ課金の際に使える便利なカードです。急に必要になっても近くにコンビニがあればすぐに購入できます。

クレジットカードで購入できる方法がある店舗は、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップの3店舗です。

ファミリーマートでクレジットカードを使って購入する場合

ファミマTカードをお持ちであればそのままでGooglePlayカードを購入できます。

チャージする必要がないので便利ですね。

ファミマTカードでもクレジットカード機能がついたものに限られますが、いちいちチャージしなくても良いのが一枚持っていても損はないでしょう。

セブンイレブン・ミニストップでクレジットカードで購入する方法

実店舗では直接クレジットカードでは購入できないのが現状です。
Edyやsuicaなどの電子マネーでも不可能です。

ではどうするのか。

セブンイレブンではnanaco、ミニストップではwaonを利用します。
他の電子マネーでは現金のみのチャージが可能ですが、セブンイレブンではnanaco、ミニストップではwaonがクレジットカードでのチャージが可能です。

そのチャージしたnanaco,waonを使ってGooglePlayを間接的にではありますが、クレジットカードで購入出来るという仕組みです。

どちらの電子マネーでもアプリが存在しており、アプリのチャージをクレジットカードに設定できます。電子マネーが使える端末をお持ちの方はこのアプリチャージの方法をおすすめします。

waonにクレジットカードでチャージできるのはイオンカードとその系列カードに限られますが、waonにチャージするときに200円で1ポイントのwaonポイントがつきます。

nancoにチャージできるクレジットカードというのがセブンプラスというものです。

nanacoからGooglePlayへのチャージにはポイントが付きませんが、その他のセブンイレブンでのお買い物やnanacoへのチャージにはポイントが付きます。

セブンカードやその他のクレジットカードをお持ちの方はnanacoへのチャージができるセブンプラスカードをお持ちになってはいかがでしょうか。

オンラインで購入する方法

GooglePlayをオンラインで購入する場合シリアルコードをEメールで受け取るというのが主流になっています。

GooglePlayストアで直接決済したいなら、その分だけ料金を支払うシステムがあります。

GooglePlayストアでアプリを購入する場合

GooglePlayストアでアプリや課金コンテンツを直接購入したい場合はPlayストアの「お支払い方法の追加」からクレジットカード情報を追加することで購入の際にクレジット決済を選択することが可能になります。

対応クレジットカードは次の通りです。

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

オンラインストアKiigoを使って購入してみよう!

Kiigoとは実店舗でGooglePlayカードやiTunesカードを取引するために作られてシステムで動いているサイトです。よく分からないのに自分でネット上で購入したりするのは危険ですので、このサイトをおすすめします。
Kiigoの決済方法は2つ

  • Visaカード
  • Masterカード

以上の2種類です。

まずKiigoストアページから、GooglePlayを選びます。
次に任意の金額を選択または入力します。(500円~5万円まで設定できます。)
金額を決めたら「ギフト用として購入する」か「自分用に購入する」を選びます。

また「ギフト用として購入する」を選ぶと会員登録が必要になります。
次の画面で

  • ログインして購入
  • 新しく会員登録して購入
  • 会員登録せず購入

いずれかを選びます。
今回は自分用に購入してみます。
決算方法の画面になりますので、ここからクレジットカード決済を選択し、各種情報を入力します。
承認リンクを取得 を押すと、入力した電話番号宛にSMSが届きます。
SMS内のリンクにアクセスすると
「注文を確定する」ボタンを押し、注文を確定して下さい、と出てきます。
「注文を確定する」ボタンを押すと注文が確定します。
コードが表示されますのでPlayストアで「コードを利用する」から入力すればチャージが完了します。

エラーが出てしまう時の対処法

購入時にエラーが出てしまう、またはカード情報が登録できないといった時の対処法を挙げておきます。

対応カードかどうか確かめてみる

利用するサービスによっては使えるカード会社が違う場合があります。自分のカードが使えるかどうかチェックしましょう。

入力情報に間違いはないか

カード番号、名前、セキュリティ番号や有効期限など誤って入力していないかもう一度、よく確認してみましょう。

以前に登録したクレジットカードがあれば情報を確認する

以前に登録したカードで間違いが多いのは有効期限です。カードが更新した際にはよく確認してみましょう。

カードの残高が不足してはいませんか?

カードのショッピング枠をもう一度、確認してみることをおすすめします。

パソコン、スマホ、タブレットで操作する

kiigoはガラケーでは利用できません。SMSに送られたメールをPCやスマホ宛に転送してからSMSに届いたリンクをクリックしてみましょう。

ブラウザはChromeを使ってみる

他のブラウザでは予期せぬ不具合に見舞われる例が報告されています。Chromeの最新版を使うようにしましょう。

ブラウザ設定を見直してみる

  • JAVAScriptが無効になっている
  • 画像を非表示にしている

上記の2点が原因でページが正しく表示されないことでエラーや決済が進まない事もあります。
これらを設定している場合は一度設定を変えて試してみましょう。

本人認証サービスでセキュリティを強化する

kiigoではVISA、MasterCardの本人認証サービスに対応しているので、このセキュリティシステムを利用することでエラーが解決できる場合もあるようです。
なりすまし防止や不正使用を抑止し、より安全に利用できるようにするためのセキュリティサービスです。

カード会社に連絡してみる

上記の事を試してもエラーが出る場合は利用しているカード会社に問い合わせてみましょう。

まとめ

今回はGooglePlayカードをクレジットカードで購入する方法をご紹介しました。その他、エラーが出た場合の対処法も併せてご覧頂けたかと思います。

今回の購入方法は比較的安全な方法なのでお得に購入する方法とは違いますが、それでもクレジットカードのキャンペーンを使うなどお得な使い方もできます。

またエラーが出た場合は何度も試すのはやめましょう。自分が失敗したエラーを起こした時点でエラーの対処法をお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です